Skip to content

仙台で警察官が警備員に転職する長所と短所について

仙台で警察官が警備員に転職すると、かつての仲間がいる、仕事が似ているので第一線で活躍可能、暇な時は雑談できるなどが長所です。

おそらくですが仙台で警察官が警備員に転職したのは、退職をしたのが理由と想定されます。そのため、働くことになった警備員の現場には、かつての同僚もいるかもしれません。

同僚達に出会えた際は、かつての経験話をしたり近況の報告をする可能性が高いです。そして転職した経緯を話せば、その話で盛り上がります。あと、仕事が似ているため、すぐに活躍をしてくれます。

例えば仙台の工場内で夜間勤務をしていて、怪しい人影を見つけた時は、鍛えられているので誰よりも速くその人影を捕まえやすいです。

また、夜間の会社や工場の警備は、滅多に怪しい人物と遭遇する機会はないため、暇と感じることが多いです。その時は、見回りをした後なら雑談をしても問題ないです。

ただ、警備員を呼ぶブザーが警備室にある時は、そのブザーを常に視界に入れておきましょう。短所は夜勤が多い、冬場の勤務は寒く夏は暑さが厳しいなどです。

夜勤が苦手な場合は、工事現場の自動車誘導の警備の仕事をするといいです。日勤のみの仕事になりますが、時給はそれほど悪くないので、慣れれば働きやすいです。

あと、立っている機会が多い仕事なため、季節によっては体調を崩しやすいので注意です。冬場の場合は防寒着を着込み、カイロをポケットに入れれば対処できます。

夏場の際は熱中症対策のため、水分補給をしやすいように、ポケットの中に水が入ったペットボトルを入れておくといいです。

type転職エージェントはこちらから

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です