Skip to content

仙台で看護師から医師へ転職する長所と短所とは

仙台で看護師から医師へ転職すると家族が褒めてくれる、友人が驚く、給料が高いなどの長所が期待可能です。

仙台で看護師から医師へ転職できたのは、猛勉強をして学校に入学し、医師の資格を取得したからだと想定されます。そのため、それを知っている家族が、よくやったと泣きながら褒めてくれます。

苦労を重ねて取れた資格なため、達成感も感じられるはずです。そして、家族はそのことを自慢したいがため、地域の人々に伝えていきます。

すると、地域では知らない人がいない状況になっていくので、本人としては鬱陶しいかもしれません。あと、友人に近況報告をして仙台で医師に転職したと話すと、びっくりする可能性が高いです。

そして、おめでとうと言って祝福してくれるため、話して良かったと考える結果につながります。また、以前よりも給料が良いので、頑張る甲斐はあると言えます。

短所は看護師として扱われることがある、医師の仕事は疲労を感じやすいなどです。かつて看護師として働いたことがある病院に配属になった際は、以前の仲間達から勘違いされる場合があります。

医師として扱ってほしいと訴えれば、同僚達は謝罪をして対応を改めてくれます。あと、医師の仕事は部署によっては、沢山の患者の診察を行う必要が生じます。

特に月曜日や連休明けは、待合室に数多くの患者が来るため、人数を見ると疲れても不思議ではないです。ただ、午後に入れば手を休めることができるので、それまで頑張って仕事をしましょう。

type転職エージェントについてはこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です